eMatrix

~RFをフラクショナルに照射する~  eMatrixとは

フラクショナル治療の登場

2005年頃に登場したFraxel®とその後の様々なフラクショナルレーザーによって、ダウンタイムの少ない、治癒の早い治療が実現されることは一般的になってきました。
フラクショナル治療は、患部全面を一度に照射するのではなく、レーザー光を微細な点状に照射し、4~6回の治療のセッションに分けて患部全面をカバーします。レーザーが照射された細かい点状のスポットの間に健常組織を残すことで治癒が早まり、ダウンタイムが少ないのが特徴です。そのため、負担の少ないスキンリジュビネーション治療となっています。

 

eMatrix治療のアプローチ

RF(ラジオ波)を細かい点状に照射します。照射モードを細かく設定できるため、浅層~中層~深層まで加熱が可能です。表皮への熱ダメージは少なく、真皮へ強力な熱作用を及ぼします。
一般的にレーザーなどの光エネルギーは、皮内で集光し、熱ダメージ層は逆円錐状につくられますが、eMatrixによるRFエネルギーは熱ダメージ層が末広がりに形成されるよう設計されており、効果的な加熱を実現します。

特徴あるスキンリジュビネーション効果

eMatrix治療では、その特徴的な熱ダメージ形成により、創傷治癒後のコラーゲン産生によるスキンリジュビネーション効果と皮膚表面のタイトニング効果が期待されています。
他のフラクショナルレーザー治療のように、治療後、表層に点状の小さなかさぶたでき、数日で剥がれ落ちた後は、毛穴が引き締まり、キメの整った肌とタイトニング感が得られます。また、小じわやアクネスカーの改善効果も期待されています。
1回の治療でも効果を実感しやすく、患者満足度の高い治療といえます。1〜2ヶ月に1回の施術が必要になりますが、症状によって治療間隔、回数は異なってきます。

期待できる効果としては、
①小ジワの改善 毛穴の引き締め
②ハリやキメの向上 アクネスカーの改善
③テクスチャーの改善 皮膚表面の引き締め

施術前、施術後の注意

・治療前にはクレンジング、洗顔を十分に行って頂きます。
・治療前には指輪、ピアスなど全ての金属類を外して頂きます。
・治療当日は入浴は避けて、シャワーのみにして下さい。
・治療当日の飲酒は控えて下さい。
・次の日から基本的にはメイクは可能です。
・1週間以内に細かなかさぶたができるので、無理にこすらないようにして下さい。

施術時の注意

・稀ではありますが、熱傷(やけど)を来す可能性がないわけではありません。その場合は適宜対処致します。
・痛みは伴います。
・100%の効果を保証できるものではありません。

施術が受けられない方

・ペースメーカーや埋め込み式除細動器を入れている方
・治療部位に金属プレートや金の糸を埋め込んでいる方
(歯のインプラントやブリッジは問題ありません)
・糖尿病など創傷治癒に影響のある方
・治療部位に感染症のある方
・妊娠中、授乳中の方
・心臓疾患を有する方
・悪性腫瘍、またはその疑いのある方
・出血性疾患を有する方、抗血栓薬を内服している方
・ケロイド体質の方
・発熱している方
※上記の他にも診察後施術できない場合はありますのでご了承下さい。

 

 

お気軽にお問い合わせください。088-820-1118受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ] ※木曜日は12:30まで/土曜日は17:00まで診療