ふみの皮フ科(美容皮膚科、高知市)

レーザートーニング

レーザートーニング

メドライトC6


肝斑とは

 一般的に、30 ~ 40代のアジア人の女性に多く見られるシミの一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。
 
 肝斑はほかのシミと混在している場合が多く、見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでしまうことも・・・。
 
 肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミン C などの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑の場合にはそれでも色素が残ってしまうことがありました。

 次のステップの有効な治療法もなく、肝斑だから・・・、とあきらめている方も多いのではないでしょうか?


肝斑の新しい治療法 “レーザートーニング” が登場!

 レーザートーニングとはQスイッチYAGレーザー(メドライトC6)」による肝斑の新しい治療法です。

 これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、レーザートーニング”は非常に注目されています。
 
 肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになることも期待できます。


メドライトC6の特徴

 従来のQスイッチNd:YAGレーザーでは、ビーム中心部のエネルギー密度の高いガウシアン型でしたが、メドライトC6は独自の技術によって、ビーム全域に渡りエネルギー密度が均一なトップハット型のビームプロファイルによって、術後治癒が早く副作用を抑えた治療が可能になりました。


治療の流れと注意

  • まずはシミの診断をしっかり行います。
  • 肝斑がある場合は、まずトラネキサム酸(トランサミン®)、ビタミンC(シナール®)、ビタミンE(ユベラ®)の内服とハイドロキノン外用を最低2〜3ヶ月はした上で、レーザートーニング開始となります。
  • 1〜2週間に1回で5回が1クールとなり、1〜2クール行います。1クール終了後1ヶ月で効果判定し、2クール目を行うか決定します。
  • 1〜2クール終了後は1〜2ヶ月毎のメンテナンスをお勧めします。
  • 紫外線防御とクレンジングや洗顔時のこすり過ぎには注意しましょう。


施術時の注意

  • 稀ではありますが、熱傷(やけど)を来す可能性はあります。その場合は適宜対処致します。
  • 白斑(皮膚の色が白く抜ける)を生じる可能性もあります。
  • 我慢できる程度ですが、多少の痛みは伴います。
  • 100%の効果が保証できるものではありません。


施術が受けられない方

  • リウマチ(既往を含む)の方、金製剤の内服歴のある方
  • 光感受性の強い方
  • 悪性腫瘍、またはその疑いのある方
  • 妊娠中、授乳中、経口避妊薬を内服中の方
  • 糖尿病など創傷治癒に影響のある疾患の方
  • 出血性疾患を有するもしくは抗凝固剤内服中の方
  • ひどく日焼けしている方
  • 治療部位に金の糸が入っている方     
     ※上記の他にも診察後施術できない場合はありますのでご了承下さい。


施術料金はこちらへ→美容皮膚科料金表

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional