ふみの皮フ科(美容皮膚科、高知市)

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

 当院ではグリコール酸とサリチル酸マクロゴールを使用しています。

グリコール酸

サリチル酸マクロゴール

 サリチル酸マクロゴールピーリングとは、サリチル酸をマクロゴールという基材に溶かすことで、今までのサリチル酸ピーリングで起こっていた副作用(刺激や痛み、施術後の赤み、施術後に皮膚が剥げるなど)がなくなり、非常に効果も高い新しく優れたピーリングです。今までにグリコール酸や乳酸のピーリングで刺激、痛み、赤みなどが強く出るため施行できなかった方にもおすすめです。
 
 福岡の上田説子クリニックの上田説子先生が開発され、臨床的にも基礎的にもデータがそろっています。

 特徴としては、

  • サリチル酸は濃度30%、pH1.7という強酸のため、角質層のピーリングを確実に行うことができます。
  • 角質層以外の細胞は傷害しないため、炎症などの副作用がおこりにくくなっています。
  • 血液中への吸収がなく、全身的な副作用がありません。
  • 真皮でコラーゲン発生が起こるので、皮膚の弾力がでてきます。
  • ニキビには大変有効ですが、その他に小じわの改善などにも有効とされています。

といったことが挙げられます。

施術時の注意

  • 稀ではありますが、熱傷(やけど)を来すことがあります。その場合は適宜対処致します。
  • 100%の効果が保証できるものではありません。


施術が受けられない方

  • 妊娠中、授乳中の方     
     ※上記の他にも診察後施術できない場合はありますのでご了承下さい。


施術料金はこちらへ→美容皮膚科料金表

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional